kawatama.net

WordPress Popular Postsのサムネイル画像のキャッシュをクリアする方法


【 1983年WRCチャンピオンマシンの雄姿、再び 】 世界ラリー選手権(WRC)を戦うためにイタリアのランチア社が開発したグループBマシンです。レーシングカーそのもののシャーシ構成に、300馬力オーバーのスーパーチャージャー付き2リッターDOHC4気筒エンジンをミドシップに縦置きに搭載して後輪を駆動。ピニンファリーナがデザインを担当した精悍で流麗なボディも特徴でした。1983年1月の開幕戦モンテカルロラリーで1、2位を独占し、その後も第5戦、第6戦、第7戦、第10戦で勝利を重ね、この年のメーカータイトルを獲得したのです。

【 内装付きのリアルボディと4WDシャーシで走りも楽しい 】 1983年の世界ラリー選手権チャンピオンマシン、ランチア037ラリーを再現した電動ラジオコントロールカーの組み立てキットです。前後スポイラーや張り出したフェンダーなどラリーを戦うための精悍なフォルムを精密金型によりリアルに再現。万一のクラッシュからボディを保護する専用フロントバンパーも装備しました。さらに、ワイパーやドアミラー、4連フォグランプも別パーツで用意し、ライト類はメッキパーツのケースと透明のレンズを別部品として高いスケール感を演出。ドライバーとコ・ドライバーを再現した内装パーツも付いて、走りの実感も十分。マルティーニストライプや多くのスポンサーロゴもステッカーでセットしました。シャーシはシャフトドライブ4WDのTA02-Sを採用。ダブルウィッシュボーン4輪独立サスにはCVAオイルダンパーを装備し、実車と同じデザインのホイールは半つやメッキ仕上げ、タイヤはレーシングセミスリックを装着しました。

【 基本スペック 】 ●スケール1/10 ●全長422mm、全幅186mm、全高132mm。●車体重量約1230g(RCメカ、バッテリー含まず) ●ホイールベース=236mm ●トレッド=前後とも152mm ●タイヤ幅/径=前後とも27/65mm ●フレーム=ABS樹脂製バスタブタイプ ●駆動方式=シャフトドライブ4WD ●デフギヤ方式=フロント:3ベベルデフ リヤ:ボールデフ ●ステアリング=3分割タイロッド式 ●サスペンション=前後ともダブルウイッシュボーン ●ダンパー=前後ともCVAオイルダンパー ●ギヤレシオ=8.59:1 ●540タイプモーター付き ●スピードコントローラー=ESC仕様(別売)

【 別にお求めいただくもの 】 ●ファインスペック2.4G 電動RCドライブセット ●送信機用単3形電池4本

写真は組立塗装例です。

メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています

詳細はメーカーにお問い合わせください。

店頭・他ネット販売もしておりますので、万が一売り切れの場合は、お取り寄せ後の発送となりますが、
メーカー在庫欠品の場合は誠に恐れ入りますが、キャンセルとさせて頂きますのでご容赦くださいますようお願い申し上げます。
月曜日は定休日の為、メールの受発信・発送等はお休みを頂きます。

鯉のぼり 村上鯉 吹流し単品 撥水加工 翔龍 輝用サテン アルミ箔入り 6m 139624722

画像付き人気記事を表示するのに便利なプラグイン『WordPress Popular Posts』。 一度アップした記事を更新しても、タイトルは変更されますが画像(サムネイル)は更新されません。 このプラグインには設定画面から画像を更新する「キャッシュクリア」ボタンが用意されています。 サムネイル画像のキャ...

1 2 3 4 5 10 »