サイズ:24cm
素材:陶磁器
※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。

ジノリは言います。この作品をルネサンス芸術の粋と!
ルネサンスは「再生」「復活」を意味するフランス語であり、一義的には、古典古代(ギリシア、ローマ)の文化を復興しようとする文化運動であり、14世紀にイタリアで始まり、やがて西欧各国に広まった(文化運動としてのルネサンス)。また、これらの時代(14世紀 - 16世紀)を指すこともある(時代区分としてのルネサンス)。
日本では長らく文芸復興と訳されており、ルネサンスの時代を「復興期」と呼ぶこともあったが、(文芸のみでなく広義に使われるため)現在では余り使われない。
ルネッサンスとも表記され、通俗的に「復興」「再生」を指す言葉として用いられている場合、例えばカルロス・ゴーン著『ルネッサンス』などは、ルネッサンスと表記されることが多い。現在の歴史学、美術史等ではルネサンスという表記が一般的である。

正 : 『眠れるヴィーナス』 1510年 ジョルジョーネ
誤 : ティツィアーノ 《白い衣装をつけた婦人の肖像》 1555年頃


ティツィアーノ・ヴェチェッリオ(1488年/1490年頃- 1576年)は、盛期ルネサンスのイタリア人画家。
ヴェネツィア派で最も重要な画家の一人である。ヴェネツィア共和国のピエーヴェ・ディ・カドーレに生まれ、その生誕地から「ダ・カドーレ」とも呼ばれた。
ティツィアーノは同時代の人々からダンテ・アリギエーリの著作『神曲』からの引用である『星々を従える太陽』と呼ばれていた。
肖像、風景、古代神話、宗教などあらゆる絵画分野に秀でている。ティツィアーノの絵画技法は筆使いと色彩感覚に特徴があり、イタリアルネサンスの芸術家だけではなく、次世代以降の西洋絵画にも大きな影響を与えた。
ティツィアーノは長命な画家で、その作風は年代とともに大きく変化しているが、その生涯を通じて独特の色彩感覚は変わることがなかった。
円熟期のティツィアーノの絵画は色鮮やかとはいえないものもあるが、初期の作品の色調は明るく、奔放な筆使いと繊細で多様な色使いは、それまでの西洋絵画に前例のない革新的なものだった。
ここまで書いたところで ある異変?に気付きました。ある方のブログの「そのティツィアーノの《白い衣装をつけた婦人の肖像》」をコンピュータが拾ったようです。正しくは 次のようになります(直 ティツィアーノに 《白い衣装をつけた婦人の肖像》 1555年頃作の存在は この連休の日がな一日 探しましたが見つかりませんでした。)

『眠れるヴィーナス』は 1510年 イタリア、ルネッサンス期の巨匠ジョルジョーネが描いた絵画。
ドレスデンのアルテ・マイスター絵画館の所蔵。『ドレスデンのヴィーナス』とも呼ばれる。後世の絵画に多大な影響を与えた絵画で、ヴァザーリが最初に指摘したように、風景や空の表現は1510年の彼の死後にティツィアーノによって加筆され完成を見た。
この作品はジョルジョーネの最晩年の作品の一つで、背景に描かれている丘に溶け込むような輪郭を持つ裸の女性の肖像画であり、背景の細部と陰影の表現も非常に注意深く描写されている。ただ一人の裸の女性を主題に選んだことは絵画史上の大変革となり、この作品は何人もの権威を持つ学者によって近代美術の出発点であると考えられている。
官能性を感じさせる要素は、ヴィーナスがかかげている右腕と下腹部に置かれている左手である。
シーツは寒色のシルバーで、それまでの絵画でリンネルを表現するときに使われていた暖色系の彩色とは異なっている。
このシーツの表現は、後のティツィアーノやベラスケスの絵画にその影響を見ることができる。背景の風景はヴィーナスの肢体のラインをなぞるように描かれ、それは同時に、人の身体が本来自然と一体のものであるということをも表現している。
ヴィーナスのポーズは1499年のヒュプネロトマキア・ポリフィリの木版画との関連が指摘されているが、単独の人物を描いた絵画で、かつこれだけの大きさの裸婦画は西洋でも前例がなく、当時のイタリア人版画家ジョヴァンニ・バッティスタ・パルンバの官能性表現とともに、その後数世紀にわたって西洋裸婦画の方向性を決定づけた。
それまでにも裸婦を題材にした版画は存在したが、絵画としては『ヴィーナス誕生』(1482年 - 1486年 ウフィツィ美術館蔵)、『プリマヴェーラ』(1482年 ウフィツィ美術館蔵)というボッティチェリの有名な両作品が年代的に最も近い。自然と女性美を静謐に描き出した、ジョルジョーネの典型的とも言える作品である。
この絵画の構成はアングルやルーベンスなどの後世の画家たちにも影響を与えた。このヴィーナスはティツィアーノの『ウルビーノのヴィーナス』(1538年 ウフィツィ美術館蔵)と直接結びついており、
さらにティツィアーノのヴィーナスはエドゥアール・マネの『オランピア』(1863年 オルセー美術館蔵)へとつながっている。

時代は下って 『裸のマハ』(1797-1800)は、ゴヤによって描かれた有名な油絵であるが 無縁とは言えないのでは?

フランシスコ・ホセ・デ・ゴヤ・イ・ルシエンテス(1746年- 1828年)は、スペインの画家。
ディエゴ・ベラスケスとともにスペイン最大の画家と謳われる。ベラスケス同様、宮廷画家として重きをなした。

アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

(グッチ)ジノリで廃盤になりました。

初代 ジノリ侯のお眼にかない 3世紀生き続けた 美術品です。
西洋における磁器の黎明期 東洋への憧憬が生み出した美ですが 残念ながら廃盤です。
私見ですが ミュージオシェイプは 続行されていることから 多分 この名作は 復刻するのではと 期待します。
それにしても 東洋的でもある美形 ミュージオシェイプに 東洋の美 レース模様を置いた この器を見て 美しいと言われる 貴方のお眼眼は 時空を超えて 侯のお眼眼と 一体です。

古典 を名乗る高品質磁器
ルネサンス芸術の粋 ミュージオシェイプに
ポースレーンの源 東洋の美をレース模様にして
スクロール文・レリーフ

高級品の象徴 ドッチア窯の金ロゴがないのが不思議です?これだけのお品 なくてもわかるでしょとの皮肉かな?

イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。
兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。
フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。
(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでもカオリンに恵まれず 4年で追放されました。皮肉なことにその直後に モスクワ近くで カオリンが 発見されました。)
フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。
次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は 帝立ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。

ハプスブルク王家や ナポレオン治世下を経た 両シチリア王国フェルディナンド1世治世下のナポリ窯 (カポデモンテ)を 1834年ジノリが買収。モールドを継承した正式な継承ですから 復刻にナポリ王冠窯印 Ginori を施したものは 正当です。
ただここからが問題ですが ジノリは ナポリを訪れる観光客への 街道沿いのお土産屋からの注文依頼で モニュメント的なオブジェ,ベースや キャンドルスタンド等のモールドを作り ナポリ王冠窯印Ginoriを 施した贋作を作ります。
お土産業者は 仕入れ価格の6倍でも売れるのに味を占め よりアンティックに見せる為 Ginori の施印まで外させたほどです。
只ジノリも面白くないのか ナポリ王冠等とても雑で 一目でお土産品ですよと判ります。
日本の清水で売られる中国製の清水焼?に 「清水」としか書かれてない手合と同じです。「ジノリ社は (マリア・アマリア)カポデモンテ窯の継承を言いますが 正式にはナポリ窯(マリア・カロリーナ)のカポデモンテを継承したのです。
直 この不名誉なカポデモンテ贋作製造について ジノリ社史は あえて触れておりません。」

当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年頃からリモージュのカオリンを 用いる事で完璧な白磁を完成させております。
1869年には リチャード社を合併して 今のリチャードジノリ社になりました。
(とジノリ社史はいいますが 真相は ジノリ家内の領地争いの中、ミラノの陶芸家、アウグスト・リチャードに 身売りしたのが 社名の頭から判ります。)
特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して新しい芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。

コンサートインフォメーション コンサートインフォメーション Concert Information

更新情報 更新情報 Renew

16.9.26

  • SUN

パイプオルガン・コンサート&体験見学ツアー

9:45横浜みなとみらいホール集合→17:00頃ミューザ川崎シンフォニーホールにて解散予定

横浜みなとみらいホール:三浦はつみ
神奈川県民ホール:荻野由美子
ミューザ川崎シンフォニーホール:近藤 岳

was ウッドスタイル 長角皿 89483was was ウッドスタイル 長角皿 89483 皿 食器 ウッドプレート キッチン キッチングッズ おしゃれ インテリア ランチプレート

10個セット☆ 越前漆器 ☆ (A) 新広輪丼 (小) 金梨地ツバ黒 [ 17.6 x 9.8cm (440cc) 273g ] 【 料亭 旅館 和食器 飲食店 業務用 】

15:00開演

指揮者:黒田学、中川武、館山満
吹奏楽:法政大学第二中・高等学校吹奏楽部

詳細へ

【新品本物】 24cmクレセント 【ミュージオクラシコ】 リチャードジノリ-皿・プレート

アンコール曲はこちら→