Ashdown RM-C112T-500-EVO
RM-C112T-500-EVOはレスポンスの良い低域、よりダイナミックなミッドレンジ、豊かなハイエンドを再生し、様々なプレイスタイルにマッチする卓越したコンボ・アンプです。パワフルな500Wパワーアンプ、洗練されたトーンを産み出すAshdown White Line12インチスピーカー&サウンドを損なわずに軽量化を実現したキャビネットを採用。更に外部スピーカー出力(8Ω)を備え、よりパワフルなシステム構築が可能です。
RM-C112T-500-EVOはそれぞれ入力インピーダンスの異なる2系統のインプット(アクティブ・ピックアップ、パッシブ・ピックアップ用)を備えます。特徴的なVUメーターでレベルを確認しながらシェイプコントロール、5バンドEQ、コンプレッサー、チューブアンプのドライヴ・サウンドをエミュレートしたドライブコントロール、オクターブ下のサウンドを追加するサブハーモニックコントロールを駆使してリッチでファットなサウンドをお楽しみ下さい。RM-C112T-500-EVOにはミュート機能もあります。ミュート使用時はASHDOWNのトレードマーク”VUメーター”がオレンジ色からブルー色に変化します。
■主な機能と特徴
・One knob compressor
ワンノブ・オペレーションのASHDOWNダイナミック・コンプレッサーは、ストレスなく簡単に使用する事が出来き様々なミックスにおいてパワフルなサウンドを提供します。
・Footswitchable variable overdrive
別売のFS 2フットスイッチを追加すればドライブコントロール、サブハーモニックコントロールのON/OFFが足元で可能に成ります。
・Totally connected
背面パネルにはSEND/RETURN、LINE IN、DI OUTも装備。 入出力も万全装備のパーフェクトなコンボアンプです。
■Spec
パワー出力:500W RMS
スピーカー:12インチx2
スピーカー出力端子:コンボ端子X2(Speakon、1/4”Phone)
スピーカー出力インピーダンス:4Ω(Minimum)
周波数特性:-3dB@17Hz to 22kHz
入力インピーダンス(Hi):3.9MΩ(150mV - 20V p-p)
入力インピーダンス(Low):1MΩ(150mV - 10V p-p)
ライン入力インピーダンス:10kΩ(300mV - 40V p-p)
DI出力インピーダンス:600Ω(-20dBu)
S/N比:-80dB(EQ flat)
EQ:Bass +/-15dB @ 100Hz Lo Mid +/-15dB @ 240Hz Middle +/-15dB @ 660Hz Hi Mid +/-15dB @ 1.5kHz Treble +/-15dB @ 7kHz shelving Deep +
SEND:インピーダンス22kΩ(0dBu)
Return:インピーダンス22kΩ(0dBu)
歪率:0.5%THD
サイズ:H500 x W470 x D340mm
重量:16.5kg
消費電力:1100W MAX

コンサートインフォメーション コンサートインフォメーション Concert Information

更新情報 更新情報 Renew

16.9.26

  • SUN

パイプオルガン・コンサート&体験見学ツアー

9:45横浜みなとみらいホール集合→17:00頃ミューザ川崎シンフォニーホールにて解散予定

横浜みなとみらいホール:三浦はつみ
神奈川県民ホール:荻野由美子
ミューザ川崎シンフォニーホール:近藤 岳

ソニー SONY PS Vita メタリックレッド PCH-2000ZA26 【中古】

【送料込】【ヤマハお手入れセット付】YAMAHA/ヤマハ YCL-650 B♭クラリネット【smtb-TK】

15:00開演

指揮者:黒田学、中川武、館山満
吹奏楽:法政大学第二中・高等学校吹奏楽部

詳細へ

訳あり Ashdown RM-C112T-500-EVO-アンプ

アンコール曲はこちら→